海外法人登記-ベトナム法人登記

ベトナムの法人登記概要 All rights reserved by onegai kaeru
ベトナムの法人登記概要 All rights reserved by onegai kaeru

有限責任会社(外資LLC)について

ベトナムでもっとも一般的な法人は、有限責任会社("外資LLC")でしょう。

 

ベトナムにおける外資LLCは、いかなる国籍の1人の株主(ベトナム在住を問わない)によって設立できます。会社の代表として、1人の取締役を任命する必要があります。当該取締役は、外国人でも可能ですが、ベトナムへ赴き、就業許可を取得し、12ヶ月以上の管理職経験の証明の提示が求められます。

 

外資LLCの登記を完了するには、資本金の払い込み等のため現地の銀行で口座を開設し、外国投資証明(FIC)を取得することが必要です。FICは最低投資1万USDとなり、業界によってはそれ以上の額が最低投資で求められます。

 

登記に際して、外資LLCは、ベトナムの登録された住所と、登記完了から12ヶ月以内に支払われなければならない資本金にかかるデポジットの銀行証明を当局へ提出する必要があります。

 

規制業種もありますが、基本的に外資LLCは多くの業種に適しており、ベトナム国内企業、外資系企業と取引が可能です。

海外法人登記-ベトナム法人登記 All right reserved Onegai Kaeru
海外法人登記-ベトナム法人登記 All right reserved Onegai Kaeru

株式会社について

ベトナムでは株式会社は、3名の株主が必要になります。当該株主の国籍は問われず、ベトナム在住である必要もありません。会社の法的代表として、1名の取締役を任命する必要があります。当該取締役が外国人である場合、ベトナムに赴き就労許可を取得し、そして、12か月以上の経営経験がある証拠を提出することが必要です。

 

外国人による株式会社の要件として、1)ベトナムに投資可能な資金の銀行の証明、2)資金口座の開設、3)外国投資許可証、そして、4)年間売り上げの提出及び監査された税務諸表があります。

 

ベトナムで設立した株式会社でも、ベトナムに上場する必要はありません。

 

もし、ベトナムで上場する場合は、株式の総額が475000USD以上で、100人以上の株主があり、前年度黒字、債務超過ないことが最低条件となります。

 

株式会社は、有限責任会社(LLC)と異なり、複数のパートナーと事業を行う場合で、資金調達を株式にて行う場合に適しています。その他の場合であればLLCで十分足ります。

支店について

外資企業はベトナムで支店を開設できます。条件としては、海外で事業を5年以上行っていること、ベトナム在住の代表を任命すること、そして、監査された財務諸表と年度売上の提出が必要です。

 

支店は、無限責任となりお勧めできません。例外として、手続きが煩雑ですので、銀行、金融、保険などの規制業種で、ライセンスの取得が支店であるほうが難しくない場合は支店開設も戦略的に選択肢としてあります。

可能性あふれるベトナム市場

ベトナムの法律事務所ともに、ベトナムの法人登記サポート、ビザサポート共に、店舗選び、事務所の斡旋や店舗設計、施工までを手がけております。上場に関するご相談も弊社まで。

ベトナムでのマーケティング、M&A、市場調査、法人登記なら弊社に