日本でも絶対に必要となるAI画像認識セキュリティシステム

日本でも絶対に必要となるAI画像認識セキュリティシステム

強力なセキュリティシステムの必要性

凶悪犯罪が増加する日本

凶悪、陰湿な犯罪が増えているように思えます。弊社は有効な対策として、AI認識技術による監視を考えています。

 

それを月額最低3万円(税別)最低2年契約からご提供します。最低のプランでさえ、カメラは8台までご利用可能です。

御社がセキュリティシステム会社さんであれば、弊社のAIを使い、新たな製品を開発していただくことも可能です(費用は別途ご相談)。サーバーはもちろん日本に置き、データは保護されます。

 

京都アニメ-ションや大阪のクリニック放火事件、そして、電車内での切り付け、放火など、ストーカー、いじめの被害など、そのような報道を見ない日はありません。

統計上は、日本の犯罪率は下がっているといわれますが、肌感覚で感じる犯罪は増えているのではないでしょうか。

 

私見ではありますが、日本の景気は悪くなる一方であることと、人口の高齢化が要因だと思われます。残念ながら貧困が犯罪を生んでしまうのは、どの世の中でも通じることです。そして、社会が高齢化すると、被害者である側が更に弱い立場になっていきます。具体的には、視力も聴力も、判断力も衰えていくので、犯罪に対してもろくなってしまうのです。高齢になってくると、周囲の親類、友人も減っていき、集団防衛機能も衰えます。

 

ご高齢の方だけで支えられている地方のコミュニティがいくつもあるわけです。そういった地域を重点的に詐欺商品の会社が狙っているといった背景もあります。

 

現在、ロシアとウクライナの間で、戦争が勃発しており、世界の不安定な情勢も、治安には悪影響です。

犯罪は人目につかないところで行われる

人の目が追い付かない死角

大原則として、多くの犯罪は人目につかないところで行われます。

 

世の中には、人の目があれば、防げた犯罪は多々あると感じます。泥棒、誘拐や痴漢など、そこに人の目があれば、発生可能性は低くなります。ただ、あらゆる箇所に警備員さんを配備することは不可能なので、監視カメラが必要になります。それも、分かるように配置します。

 

最近になって、電車の中でも監視カメラが設置されるようになってきましたが、今更感が強いです。

 

そして、人の目はあれど、目視ではどうしてもどこかで死角が発生するのです。

 

警備員さんや、既存の監視カメラの人目があっても、目視で全ての人間の動きに注意を払うことは極めて難しいです。

 

ターミナル駅で、流れゆく多くの人々をみて、全ての人の細かい表情、動きを目で追うことができないのと同じです。しかも、それを24時間365日休みなく行うことは人間には不可能です。

 

そこで、弊社のAIシステムが必要とされるのです。

 

AIの目が24時間365日常に、特定の行為、特定の人物など予め決められた事象について監視します。

 

何十台もあるカメラや、広い箇所を、大人数を写す画像を警備員さんが目視していれば、どんなベテランの方でも見落としが出るものです。また、個人宅、多くの事務所、工場、病院などでは無人で監視カメラを回している場合のほうが多いのではないでしょうか?

 

それを弊社AIがサポートすることで、更に守りを強固にします。

 

弊社は、何かがあった後に確認するだけでなく、今起こっていることをAIに判断させて、少しでも何かが起こる前に対応をできるようにすることを目指しています。

目視のサポートとして弊社のAIが「見て判断する」

弊社のAIは、顔、人間の行動、人間以外の事象について認識できます。

 

例えば、学校内で生徒が喧嘩を始めたとしましょう。弊社AIは、殴り合うなど喧嘩行為を検知し、いち早く、責任者にアラートを発します。ある施設で不審火があったとします。AIはその火を検知し、アラートを発します。

はたまた、ある施設に許可なく侵入を試みる人間がいた場合、その人物が施設エリアに入った段階で、AIは0.0001秒以内に顔を検知し責任者にアラートを発します。

弊社AIは、30人ほどの顔を一度に判断し、特定人物を割り出すことができるのです。これは、マスクをしていても可能です。そして、車の特定のナンバープレートを割り出すことも可能です。

 

もちろん、万引き犯、過度なクレーマーなど、特定の注意人物の入店を検出します。弊社AIはそれにとどまりません。

学校、病院、事務所、工場内など施設への不審者の近寄り、立ち入りを検出します。

工場内でヘルメットをとる、タバコを吸うなどの危険行為を瞬時に検出します。

私道や施設のエリアなどへの侵入、駐車も検出します。

 

これは、いわゆるAI業界の大企業が提供するAIに匹敵し、更には会社によっては、それを超えるレベルと考えています。

安全な社会を目指して

弊社では、世界企業に負けない技術を手に届く価格で提供することを目指しています。

 

弊社の提供するAI画像認識技術は、世界中で使われています。実際、海外で都市全体や高速道路の安全管理にも用いられています。

 

弊社の提供するAI画像認識技術は、様々な要求に応えることができます:

 

1)既に監視カメラ(IPカメラ)をご利用中の会社、個人様に、簡単に導入いただける監視システム 

2)監視カメラとのセット

3)法人向けに、AI技術を提供するSDK

4)法人向けに、AI技術を開発するサービス

 

になります。

1億の画像を、1000分の1秒で検索可能  認識精度は99%以上  1000か所の顔認識項目と13か所の顔の特徴項目  約200か国で利用可能 3D顔認証、マスク着用でも認識可能、即時の認識が可能
83か国及び地域のナンバープレートを認識可能  1億の画像を、1000分の1秒で検索可能  ナンバープレートを99.9%の精度で識別し、自動車の特徴も99.9%の精度で識別

AI認識技術の実例

弊社のAIセキュリティシステムでできる実用例は以下です。このほかにも様々な機能で、安心、安全の確保を目指します:

 

1.以前問題を起こしたクレーマー、万引き犯を特定し、施設内に近づく・入店した際、事前にスタッフのスマホにアラートを発信する

2.施設内での不審火を検知し、アラートを発信

3.幼稚園の周囲をうろつく不審者を検知、施設内に侵入しようとする人間を検知し、アラートを発信

4.事務所のドアや部屋の玄関ドアを顔認証で開錠

5.喫煙など施設内での禁止行為を検知し、アラート発信

6.畑に侵入する動物を検知し、警告音を発信

7.違反駐車をする車のナンバープレートを記録、アラート発信

8.施設内での喧嘩などを行動から認識、アラート発信

9.親が不在な時の、子供の安全を見守る

10.遠隔地の親が犯罪に巻き込まれないよう見守る

11.地域の防犯、クマ、イノシシなどの害獣の出現を検知し、アラートを発信

12.女子校、女子寮などに侵入しようとする男性を検知

 

これは、ほんの一部です。これ以外にも多くの機能を有します。

 

新規開発案件になり、別途お見積りとはなりますが、クライアントの必要に応じた事象を認識させることも可能です。

 

ご用命は以下のお問い合わせから宜しくお願いします。

業界で最高水準の技術を、最高のコスパで提供することを目指しています

どうしても、AIを用いたシステムは高額というイメージがあります。大企業では、50万円から数百万円が相場と感じています。

 

安心に多額のコストをかけなくてはならないという常識を変えることを目指しています。

 

弊社は、すでにクライアント側で既存のIPカメラを用いる場合であれば、システム利用料月額最低3万円(税別)最低2年契約からご提供します。最低のプランでさえ、カメラは8台までご利用可能です。

カメラをご利用でなければ、カメラなど周辺機器も弊社からご購入いただけます。

 

御社がセキュリティシステム会社さんであれば、弊社のAIを使い、新たな製品を開発していただくことも可能です(費用は別途ご相談)。サーバーはもちろん日本に置き、データは保護されます。

プライバシーに最大限の配慮

プライバシーは重要な事項であり、無制限に個人情報を収集することは絶対にしてはならないものと認識しています。

 

個人特定のできる機能は、事務所内や私的な地所、工場内などでのみ使うように設定が可能です。

公的な場所で、個人の特定できる顔認識をオフにすることができます。

サーバーは日本に

情報保護の観点から、システムのサーバーは日本で、データを管理します。

お問い合わせ

Please enter the code:

Note: Please fill out the fields marked with an asterisk.

Write a comment

Comments: 0